本日、夕飯を食べながら「東野&吉田のほっとけない人」を見ていました。前半の部分だけでしたが、医師でもあり作家でもある長尾和宏先生と橋下徹氏が激論を交わされていました。コロナウイルスに対しての対策に関してです。

長尾先生の主張は、コロナウイルスは今の2類感染症から季節性インフルエンザと同等の5類感染症にすべきということ。すなわち、普通の開業医で診療できるようにせよということです。2類感染症とは、感染者が出れば入院勧告、保健所で濃厚接触者の追跡等をせねばならず、初期の段階では開業医が対応できない。だから第5波で在宅での療養者が爆発的に増えた。開業医が最初の砦で治療していれば、そんなことは起こらなかったと言われています。

でも開業医に何が出来る?インフルエンザのタミフルのような治療薬もまだ出ていない。そして1番の問題は、この議論は患者さん不在なのです。私の医院の外来には多くの心不全・呼吸不全の方々が来て下さっています。皆様の1番の不安は何か?医院に来て感染しないかということです。でも毎日の服薬のための通院は絶対に必要、その医院でコロナの治療をしていたとしたらすごく不安ですよね。もっと医学的データを開示して、インフルエンザと同等ですよと国民に周知させるのが先なのです。

だから私にとってこの議論はほっとけない話なのです。いつも言います。もちろんコロナに感染された方の健康にも充分に気を遣わせて頂いている。本心は治療に少しでも役に立ちたいのです。

2類・5類の議論はどんどんしてもらいたい、速やかに・・・。そして皆さんが幸せになってもらいたいと願っています。

Stricter classification of infectious diseases such as Covid-19 gives medical structures heavy burdens like shortage of hospital beds.

 

石田あゆみさんの「喧嘩のあとでくちづけを」です。

あなたにしてみれば ささいなことでも
私にしてみれば 気がかりなの
私は弱い弱い女と知ったから
あなたのそばでなけりゃ 生きてはゆけないの
嘘でもいいからこっちを向いて
喧嘩のあとでくちづけを