私は旅をするのが好きで海外学会のついでに各国をまわっていました。永六輔さんの「遠くへ行きたい」を口ずさみながら。

本日、詩人で西神ご在住の西岡泉氏から西岡氏作詞で、神戸のアーティストが演奏されているCDをプレゼントして頂きました。タイトルは「ナスカの地上絵」です。

まず旅のプロローグとして、夕焼はいいわけをしないからで始まります。純粋な気持ちで旅に出かけようということなのでしょうか。西岡氏の詩は奥深く思索に富んでいます。これは西岡氏の行かれたところ、すなわち誰も行かれたことのないようなナスカの地上絵のようなところからの連想なのでしょう。

ナスカの地上絵とは古代ナスカ文明の遺産で、ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた平坦な砂漠の地表面に砂利の色分けによって描かれた動植物の絵の総称です。

 

私も30年程前、ペルーのインカ帝国の遺跡であるマチュピチュまでは行きましたが、ナスカの地上絵に行くという発想は浮かびませんでした。CDを聴かせて頂き、不思議な旅をさせて頂きました。

イギリスはビートルズの生まれたリバプールにあるペニーレインという所、同名の「ペニーレイン」というヒット曲があります。ジョンレノンは1970年のインタビューで“銀行があった場所は路面電車の車庫になってて、みんなそこで待ってて、そばには査察官が立ってて、遠くには消防車が通って・・・。そんな子供時代の記憶を呼び戻したんだ。”と。

私もロンドンの南のリバプールに行きたかったですが、北のオックスフォードの学会に行くのに精一杯でした。

西岡氏の作詞です。

夕焼はいいわけをしないから~旅のプロローグ~

夕陽を追いかけて
誰も知らない旅に出かけよう
黄昏が夜になる前に出かけよう
夕陽はいいわけをしないから
夕陽はいいわけをしないから

 

ナスカの地上絵

放課後は古沢君と
校庭の地面に
大きな絵を描いた
クックッと喉から
変な音を出しながら
爪先で描いた
細かいところは
石ころや手の指で
隅から隅まで描いたよ
ナスカの地上絵も顔負けさ

 

ペニーレイン

ロンドンからバスに乗って
リバプールに行ってきたよ
ビートルズが生まれた街
小雨が降っていた
涙がこぼれそうになった
まるで奇跡だよ

革ジャンを着たジョンと
一緒に写真を撮ったし
エリナー・リグビーを
励ましてきたし
どっちも銅像だったけど
まるで奇跡だよ

ペニーレインにも
行きたかったよ

懐かしの散髪屋さんや
通りの角の銀行や
砂時計を持った
消防士を見たかったよ
本当に見たかったよ

 

Penny Lane/The Beatles

In Penny Lane there is a barber showing photographs
Of every head he’s had the pleasure to have known
And all the people that come and go
Stop and say hello

ペニーレイン、この街には写真を飾っている床屋があって
マスターは誰の頭の写真か知っていることを誇りに思ってる
通りかかる人たちはみんな
立ち止まって挨拶していくよ

On the corner is a banker with a motorcar
The little children laugh at him behind his back
And the banker never wears a mac
In the pouring rain, very strange

角の銀行員ったら車は持ってるけど
幼い子供たちに背後で笑われてる
それもレインコートを着ないから
どしゃ降りだってゆうのにね、すごく滑稽だ