現時点での私の最後のコンサート、それはSOD、AOVAの方々が企画して下さった佐賀県の嬉野温泉での講演会・コンサート、昨年の2月末、様々なイベントが中止になる直前の際どいタイミングでの会でした。
皆様SODを飲んで肌艶が良く、心身ともに御健康そのものでコンサートも盛り上がり、長崎県から来て下さった方も多く、“長崎は今日も雨だった”から始まり、“マイウェイ”まで存分に歌わせて頂きました。今、皆様ともう一度お会いしたいと西海(さいかい)ブルースを歌いながら思っています。この場を借りてありがとうございますです。
さてその翌日、好天に誘われて吉野ヶ里遺跡を歩きました。1986年発掘された広大な、今から約2000年以上前の弥生時代の集落です。狩猟・採集が基本であった縄文時代の後の時代で水稲農耕を主とした生産経済が発達しました。日本という国、山が多く、富士山で代表される火山ばかり。小さな国の5分の1以下の面積しか耕作に適していない。そんな中で先進国にのぼりつめた日本民族の偉大さの原点に思いを馳せながらゆったりと時を過ごしました。

元駐日アメリカ合衆国大使を務めたエドウィン・O・ライシャワー氏の著書「Japan」です。
Japan is extremely mountainous, rising to the beautiful volcanic cone of Mt. Fuji, but with less than a fifth of its not particularly fertile terrain level enough for cultivation.

そして、数日前朗報が…。
北海道・北東北の縄文遺跡群がユネスコの諮問機関から世界遺産への登録がふさわしいと勧告されました。海外旅行がままならない今、せめて国内旅行でこの国の素晴らしさを再発見していきたいと思います。

布施明さんの歌です。「旅愁~斑鳩にて~」

斑鳩を旅するのなら 春よりも秋がいい
あなたが言っていた通りです
一筆の墨絵のような 山の辺のスケッチを
都会のあなたに送ります

万葉集の文庫本手に 坂道のぼれば
葉はくれないに
あーそれは失くした恋の彩りでしょう