当医院にある神戸市西区の西神中央地区、今から40年前、兵陵地帯に住宅と産業を中心とする複合機能団地として開発されました。当時はニュータウンでしたが、今や後高齢者の方が多い、このまま衰退していくのかと思っていました。でも今回、新たな息吹が。

西区役所が移転してきた。ニトリ・無印等の商業施設が入店する。そして私にとって嬉しいこと、500人収容の西神中央文化・芸術ホールが今年10月にオープンするのです。コロナ禍以前では毎年1回他病院の関係者の方々とバンドを組んでコンサートをさせて頂いていました。そして感染状況次第ですが、もしかして今年できるかもと思い、申し込みましたところ11月12日が抽選で当たり、一応確保しています。いつも来て下さる患者さんをはじめとして多くの方々と同じ空間を共有できる喜びがコンサートにはあります。

しばらく歌っていなかったブランクはありますが、これから発声練習をして皆様とともに一体となって盛り上がっていけたらと思っています。また詳細が決まりましたらお知らせ致します。愛の歌を皆様にお届けできたらと切に望んでおります。「愛の詩を今あなたに」という歌があります。布施明さんが歌っておられますが、ステージで語っておられました。

“愛って誰にでも大切なもの、でも本当に好きな人には照れくさくて、なかなか伝えられない。でも歌だとそういうものを乗り越えて伝えられるのです。”と。

If is of my great pleasure that we can have a special sense of unity with audience by holding concerts.

 

「愛の詩を今あなたに」

愛の詩(うた)を今あなたに
心をこめて 捧げたい
人は誰も 一人ぼっち
孤独に耐えて 生きている
あなたを強く抱きしめながら
命も心も燃えあがるとき

二人の愛の歴史は始まる
あなただけの愛するために
今日まで一人 生きてきた