2022年が明けました。皆様方には良いお年となりますよう心よりお祈り申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。

私どもは大寒波の中、新潟県南魚沼郡の越後湯沢で元旦はスキーをして過ごしました。

昭和初期に青森県五所川原農学校スキー部は合宿をはっていた。監督を依頼されて同宿していた林柾次郞は山に登る時、自分たちで作ったスキー歌を歌いながらいくことを提案した、あるスキー選手が歌い上げた流行歌(浮草の旅)のメロディーに林が即興で歌詞を盛り込み、出来上がったのがシーハイルだったのです。“シーハイル”とはドイツ語でスキー万歳という意味です。一同は一晩がかりで歌詞を覚え込み、翌日の阿闍羅登山では道中この歌を高唱したのです。

さて、私がこの歌を知ったのは中学のスキー合宿でした。妙高高原スキー場でみんなで大合唱しました。その時、歌のリード役は他ならぬ私でした。

68歳の私のスキー姿です。823メートルの山頂から下山コースで滑り降りてきたフィニッシュのところです。

 

 

We have spent splendid time at Echigoyuzawa, skiing, eating delicious foods with superb Sake, derived from clean, natural water.

 

「シーハイルの歌」

岩木のおろしが 吹くなら吹けよ
山から山へと 我らは走る
昨日は梵珠嶺(ぼんじゅうね) 今日また阿闍羅(あちゃら)
煙立てつつ おおシーハイル

ステップターンすりゃ たわむれかかる
杉の梢の 未練の雪よ
心は残れど エールにとどめ
クリスチャニアで おおシーハイル

夕日は赤々 シュプール染めて
たどる雪道 果てさえ知れず
街にちらほら 灯がついた
ラッセルいそげや おおシーハイル