私の好きな歌、そしてコンサートでも歌わせて頂いている歌、それがThe End Of The Worldです。私は、カーペンターズの歌で覚えました。1962年アメリカのカントリーシンガーであるスキーター・デイヴィスさんが歌い、1962年に全米2位のヒットとなりました。歌詞は、シルヴィア・ディーさんという方が作っておられます。彼女のお父さんが亡くなられた時の悲しみを歌にしたとのことです。
この歌の主人公は愛する人にさよならを告げられ、世の中が真っ暗になった気持ち、本当にこの世の終わりを感じたのだと思います。
この歌のタイトルは文字通り“この世の終わり”ですが、公式には“世界の果てまで”となっています。今、コロナ禍でみんなが大変、でも自然は何食わぬ顔でうつろいでいる。だからコロナが終息した後は、まだこの世が果てしなく続いている。また以前の日常が戻ってくることを信じて、みなさんと一緒に生きていきたい。
この歌の歌詞を深く味わってみて下さい。そして自然の中で生きる喜びを!

The End Of The World

Why does the sun go on shining?
Why does the sea rush to shore?
Don’t they know it’s The End of the World
Cause you don’t love me any more

どうして太陽は輝き続けるの?
どうして波は岸辺に打ち寄せてくるの?
みんな知らないのね この世がもう終わりだってことを
だってもう あなたは私を愛してくれないの

Why do the birds go on singing?
Why do the stars glow above?
Don’t they know it’s The End of the World
It ended when I lost your love

どうして鳥たちは歌い続けるの?
どうして星たちは天上で輝いているの?
知らないのね 世界が終わりだってことを
あなたの愛を失ったときに 終わってしまったの…
I wake up in the morning and I wonder
Why everything’s the same as it was
I can’t understand, no, I can’t understand
How life goes on the way it does

朝に目が覚めて 想い悩む私
どうして何もかもが以前と同じなの?
理解できない わからないわ
どうやって毎日が続いていくのかが…